フィールドMAP

HQフィールドマップ

■次回 第4世代 フィールド名称, HP刷新予定

2019年3月オープン目標/新名称
2013年「HQ東海」以前にあった構想がようやく実現。
リアリティ追究と完成度を高めて, 誰もが心から楽しめる事を目指した理想の市街地ゲームフィールド。

1. 全面フラット化・・・フィールドは約80×60m、動きやすく戦略を立てやすいマッピングに進化!
2. 駐車エリアとフィールドの分断化・・・いつでも出入り可能に進化!
3. バンカー同様のリアルサイズ建物オブジェクト・・・オールレンジ戦闘、より本格的な市街戦フィールドへ進化!
4. スナイパーの潜む山岳・・・頂上付近だけを残し,スナイパー支援専用エリアに進化!
5. レンジ設備&サービス強化・・・買ったエアガンを気軽に試せるレンジを再構築、雨天でも営業

■現行 第3世代:デザートベース [db] (2016.3~) 詳細

Desert&Brick-city (~2018.12頃):地形改修工事のため、建物を削減・集約し、て土山を追加。比較的ロングレンジで初心者向けのマッピング。

Desert-Base2 (2017.4~):高低差や山エリアはdb1と同じながら、旧来の「市街地型」に立ち戻ったマッピング。マップ全体においてロング~CQBのレンジ幅が広く、立ち回りや裏取りを重視した造りになっています。詳細

Desert-Base1 (2016.3~2017.3):砂漠基地をイメージした、山あり高低差ありの3Dフィールド。ゲームの奥深さや難易度をアップさせ、面白さの真髄を日々追究しています。夜戦にも対応し、シューティングレンジ(50m)も完備しました。


■第2世代:デザートビレッジ&ファベーラCQB (2015.3~2016.1)

各務原市に移転し, 山を切り崩した平地に2区画の市街地型ゲームフィールドを構築。2フィールドを接続した全エリアゲームも可能。最終的には最大100棟にも上る多数の建物オブジェクトで構成し, 随時マップを変更して運用しました。


* デザートビレッジ紹介ファベーラCQB紹介

* フィールド詳細マップ (ドローン撮影による航空写真)
3rd Edition “Cross Fire” Ver2.0
3rd Edition “Cross Fire” Ver1.0 (UPDATE 2015.9)
2nd Edition “STREET” Ver1.5 (UPDATE 2015.7)
2nd Edition “STREET” Ver1.0 (UPDATE 2015.6)
1st Edition “Village” Ver1.5 (UPDATE 2015.5)

■第1世代:デザートシティ(2013.08~2014.11)

2013年関市に開設した「HQ東海 デザートシティ」は砂漠の街を約50棟の建物オブジェクトで再現。市街地型ゲームフィールドのプロトタイプ(試作)として構築。見通しの良い多数の長距離狙撃ラインと, 一瞬の判断が試される市街地のCQB(接近戦)をバランスよく融合。安全な場所は無く, あらゆる交戦距離での戦いが発生します。

2018年に敷地は太陽光発電所になりましたが, 東海地方のサバイバルゲームを一気に盛り上げた, 皆様の心に残るレジェンドフィールドです。

▼旧フィールドマップ(岐阜県関市迫間1863 営業終了)
HQ-デザートシティMAP 
▼Googleマップ


インテル003 <セーフティ周辺の設備>
・テーブルは1台につき4~6人がけ、6挺ラック付き
・ミニショップ及び、工具/充電コーナーを設置
・ポット(湯)、自販機、カップ麺、スナック菓子類あります