スタッフ日記 ~愛銃を一気カスタム!

HQスタッフが気ままに綴る日記コーナー!
しばらく手に付かなかったカスタムや修理を一気に片付けています。今回はとりあえず自前の愛銃を全部手直し中です。直そうと思って1年以上寝かしていたものは数知れず・・・ようやく望んだ所の調子になり溜飲を下げた思いです。やはり、調子の良い愛銃を手元に置いておきたいですよね。

電動ガンの趣向としては、セミオートが素早くフルオートは遅めというのが好みで、それを実現すべく今回は全般的にキットボーイのFETスリムステップ3(以下SS3)を投入しました。数年前まではリポバッテリー化によるレスポンスアップだけでも満足していましたが、一度SS3を知ってしまうと戻れません。まるでエアコキを撃っているかのようなハイ・レスポンスが楽しくて、撃つのがやめられなくなるほどです。
SS3は単なるFETスイッチではなく、ピストン停止位置を変更できる回路が入っています。これにより、ピストンを最大限に引いた位置から動作開始となり、瞬時にセミオート射撃が出来るという優れモノです。取り付けも簡単なので(ハンダ付けと配線の取回しのみ)、今更ながらもお勧めです。
こういった内容は「GUN道場レビュー」で紹介したいのですが、なかなか記事作成する時間がとれないので、取り急ぎここで一挙に紹介しておきたいと思います。

G&P XM177E2
XM177E2-001 XM177は現M4カービンの前身であり、エアガン黎明期に多くモデルアップされていた、サバゲーライフのルーツと言っても良いライフルです。G&P製はシンプルなデザインのメタルレシーバーと細いハンドガードが装備されて、非常に扱いやすく仕上がっています。だいぶ前にヤフオクで調整済み新品を買ったものですが、射撃の調子がイマイチでした。
・発射の不調、低初速を解消。(ピストンヘッドのOリングが小さく,まともにエアが出ていなかった)
・フルオートの減速(M120→EG1000へ)
・SS3でセミオートのタイムラグを解消
・6.1mmボアアップバレルに変更
・シリンダーの穴あけ加工(フルストローク/テーパー削りだったシリンダーを入替)
※GUN道場レビュー未掲載

クラシックアーミー MP5A3
mp5a3_001
こちらも同じくルーツ的なモデル。CA製はグリップしやすい初期型レシーバー搭載で、ライト付ハンドガードも装備。ただ全体的な造りは甘く、これで実売3万円弱は正直高いと思います。
どうせなら完全初期型を再現したいなと、フォアグリップも初期型に替えようとしたところ、細すぎて入らない&バッテリーも収納不可という状態です。フォアグリップは加工でなんとかしつつ、固定ストックのA2にしてしまおうかとも考えます。さらに初期型のストレートマガジンがあれば理想のオールドスタイルなんですが、未だにどこからも出ていません。
下記の変更だけで、ライフルと変わりない射程・精度が出ました。
・ノイズの低減(シム再調整)
・パッキンとホップラバーをマルイ製に交換(ともに最初から破損)
・SS3でセミオートのタイムラグを解消
※GUN道場レビュー未掲載

東京マルイ M14SOCOM
M14socom-001
M14はいつからかタペットプレートが折れて、弾がでなくなっていました。久々に分解しましたが、スイッチとセーフティ回路がメカボ外部の左右に振り分けられていて、相変わらず分解は面倒です。しかし構造は複雑なものの、一度分解して作動の理屈を掴めば、それほど難しいことをしているわけではないのが分かります。
発売当初からM14にはセミのキレの良さを求めていましたが、SS3でようやく理想的なものになったと言えます。1発1発がものすごく楽しくなりました。
・折れていたタペットプレートを社外品に交換(ガーダー製)
・SS3でセミオートのタイムラグを解消
外装その他
M14socom-002
東京マルイ FA-MAS F1
FAMAS-001
今回は久々に射撃テストしたのみで、メカボやバレルはあえてノーマルのままとしており、相変わらず調子が良いです。HQのシューティングラウンジで試すと、35mまでは狙って確実な狙撃が可能、それ以上は若干散ってしまって当たりにくい印象があります。しかし射程距離は充分で、実用的にも問題ないのでこのままにしておきます。
・SS3でセミオートのタイムラグを解消
・トリガーストロークの短縮
外装その他

今回は、原点回帰でオールド・スタイルのモデルを紹介しました。まだまだ色々なネタが貯まっていますので、順次更新していきます。

さて、今週末2/2定例会の予報は「曇一時雨」となっていますが、開催予定です。もし人数が少なければ、2チーム分け鬼回しゲームの「訓練モード」の可能性もありますが、いつもと趣きの違う新ゲームも準備していますので、是非ご参加ください。お待ちしております!→ご予約ページ


コメントを残す